がんの ホリスティックアプローチ会で講演しました. 2016.8.28

14068174_1031114357004476_3030393941937946260_n

私が理事をしているホリスティック医学協会の勉強会でした.私イタリア ミラノからの参加でした.事前にスカイプを現地ウイルあいちで確認しましたが,スカイプ自体の問題あり,ラインで画像で登場しようと思いましたが,視聴覚教室でポケットワイファイがうまく入らず,双方向性にはならなかったです.結局ライン電話をとおして私の声がイタリアから直接日本で流れたことは画期的でした.ワイファイの部屋の問題かと思いますが,いくつか経験して,今後は完璧にしたいと思います.海外からでも参加できうることがわかりました.でも会場の皆様には迷惑をおかけして,すみませんでした.

私の講演の内容はまず癌の総論的な話から西洋医学的治療の話しをしました.

西洋医学の抗がんガン剤治療は実はとても進化しており,肺がんにおいて最初の抗がん剤治療が無効でも二度目に抗PD-1抗体を使うと2割ぐらいの患者さんは癌の進行がとまり,その肺がんではなくならないという報告があります.それぐらい抗がん剤も進化しています.

次に治療の選択肢が広がった話をしました.

抗がん剤は進化したものの,西洋医学のみの治療の時代は過ぎ,治療の選択肢が広がり,それを個人で判断する時代になりました.

各々の治療は患者によって正しい場合もあれば正しくないこともある.その時その患者によって正しい治療が変わるもの.その考え方が中観思想.この考え方は 日本人ならば容易にわかるが,実は知らぬうちにわからなくなり,治療する医師等は自分の専門分野にしばられてしまう.洗脳されないようにするためには中観という考え方があ ることを医療従事者は自覚する必要があると話しました.

私,及びホリスティック医学協会中部支部としては 癌で困っている 癌難民への相談窓口を私医者がコーディネーターとしてまちうけるシステムを構築したく,準備していく予定であることを話しました.30年間の歴史をもつホリスティック医学協会はその役割的には最適だと考えています.私が11月からホリスティック医学協会中部支部の支部長になりますので,最高責任者として人のためになるをどんどんしていきたいと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です