消化器科とは


消化器科とは、食道、胃、小腸、大腸などの消化管と肝臓、胆のう、胆管、すい臓の病気を専門に扱う診療科です。 腹部膨満感、胸やけ、食欲不振、胃もたれ、吐き気、胃痛、腹痛、便秘、血便、下痢などでお困りの方、検診で肝機能異常を指摘された方、胃検診や大腸がん検診で異常を指摘された方、胃腸、肝臓、胆のう、膵臓などの検査を希望の方は、消化器科を受診してください。


胃内視鏡検査

最新のハイビジョン内視鏡を使用して、食道から胃・十二指腸まで詳しく観察できます。胃潰瘍・十二指腸潰瘍・炎症性病変や腫瘍性病変(食道癌・胃癌・ポリープ等)の有無を調べます。
また内視鏡によって早期胃癌・ポリープなどの小さい病変は切除が可能です。


内視鏡検査

内視鏡検査とは、「胃カメラ」ともいわれ、口または肛門から胃の中に入れて、食道、胃、十二指腸や大腸の内部を観察し、時には治療を行うものです。
医療機器や技術の発達により応用範囲も広がり、診断から治療までスムーズに行われるようになってきました。
観察する病変の場所、種類によって方法が異なりますので、検査を受けられる場合には十分に説明が必要です。


経鼻内視鏡検査

わずか5mm、ストローの細さほどの極細の胃内視鏡を鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸を調べる検査です。
口から挿入する内視鏡と違い、のどの奥にある舌のつけ根に触れないため、吐き気をほとんど感じません。
普通の会話をしながら検査を終えるほどです。
体にかかる負担も少なく、検査後はすぐ日常生活に戻れます。
気持ちを楽にして検査を受けてください。